脱毛器で効果的に脱毛するには毛周期も大切

むだ毛のケアをしたいとき、サロンはお金が高いし通うのが面倒臭いという方におすすめなのが家庭用の脱毛器です。

自宅でいつでも好きな時に、気軽に脱毛することができます。

脱毛器の最新情報を掲載しました。

家庭用の脱毛器には主にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛方式があり、毛根の毛を生やす発毛組織に反応する波長の光を当てることで、熱を発生させダメージを与えて脱毛します。

家庭用の脱毛器はサロンの機器や医療用より出力が抑えられているので肌への負担も少なく、何度でもハイペースで脱毛することができるのです。



レーザー方式は毛根の深い部分までパワーの強いレーザーの光が届くため、脱毛効果が高いのです。
しかし照射範囲が狭いため照射する回数が多くなり、パワーが強いため痛みを強く感じてしまう場合があるのです。フラッシュ脱毛はレーザー方式より照射破が広いため効率が良く、光の波長が長いため痛みも弱いことが特徴です。



どちらのタイプも業務用機器よりは出力は低いものの、同じような効果を得られるのです。


そして家庭用の脱毛器でセルフケアする場合も、毛の成長サイクルの毛周期を意識するとより効果的に脱毛可能です。毛が生え換わるサイクルの毛周期は毛が伸びる成長期、毛が抜ける前段階の退行期、抜け落ちる休止期の3つの段階に分かれます。


休止期は次に生える毛が準備されている段階なので、この時期に光を照射しても肌に負担をかけるだけ。

サロンや専門の病院では検査やカウンセリングで毛周期を調べてくれますが、個人で判断するのは難しいのです。家庭で脱毛器で脱毛する場合は10日〜2週間に1回程度のサイクルで照射して様子をみて、毛が薄くなってきたら間隔を開けて3〜4週間に1度照射する短めのサイクルがおすすめ。

毛周期に合わせて継続して光を照射することで、自宅にいながらツルツルにキレイに脱毛することができるのです。